ダイキン匠の店のページへ株式会社富士設備商会トップページへ

 富士設備商会Webサイト内検索はこちらから

ホーム > 会社情報 > 環境保護への取組

環境保護への取組

富士設備商会は2010年9月より環境省「チャレンジ25キャンペーン」に賛同し、また2014年12月より「チャレンジ25キャンペーン」を引き継いだ、環境省「気候変動キャンペーン Fun to Share」賛同しています

気候変動キャンペーン Fun to share ロゴマーク

"Fun to Share"は、地球温暖化防止国民運動(チャレンジ25キャンペーン)を引き継いで2014年から開始された、環境省の主導による、低炭素社会の実現に向けた取り組みのキャンペーンです。

「Fun to Share」。それは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、
低炭素社会をつくっていこうよ!という合い言葉。
目標に向けてガマンしながら必死に頑張るのではなく、毎日を楽しく暮らしながら、低炭素社会を作ろうという発想です。

今、低炭素社会を実現するための技術や取り組みが、さまざまな地域・団体・企業の中で生まれてきています。
一部の人にしか知られていないそれらの知恵を、みんなでシェアして、みんなが使えるようにできたら、きっと楽しい。

まずは、シェアした知恵を活用しましょう!
あなたができる低炭素アクションからぜひ実践してください。
それがきっと、日本のライフスタイルを変えていく大きなトレンドにもなる。
やがては、その大きな動きを日本発信で世界中に広げていきたい。
ちょっとわくわくしませんか?

あなたもぜひ、Fun to Share な毎日を始めてみてください。
今までになかった歓びや幸せと出会えるはずです。

気候変動キャンペーン Fun to Share 公式サイト より)

日本はすでに、2050年の温室効果ガス排出量を1990年比で80%削減することを宣言しています。その実現のためには、みんなが持っている知恵を共有しあい、楽しみながら低炭素社会を作り上げていくことが大切です。

弊社は"省エネエアコンの普及促進で低炭素社会へ。"を宣言しています。

これからも、健康で快適で、なおかつ低炭素な社会の実現に向けて、皆様と力を合わせて参ります。