ダイキン匠の店のページへ株式会社富士設備商会トップページへ

 富士設備商会Webサイト内検索はこちらから

ホーム > 施工品質 > エアコン新規取付工事例の紹介

エアコン新規取付工事例の紹介

富士設備商会の、実際のエアコン新規取り付け作業の様子をご紹介します。

しっかり養生します

まずはしっかり養生。

傷やゴミ落ちを防ぐため徹底します。

床を傷つけないよう、資材や道具は毛布の上に置きます

エアコンを取り付ける道具達。

材料は全て毛布の上に置きます。床を傷つけないように徹底します。

取り付け位置はきっちり計測して決定します

しっかりと器具を使って取り付け位置を測ります。

絶対に曖昧な作業は行いません。

据付版をしっかり固定します

据付板を固定。

ここをしっかりさせることがエアコンを綺麗に取付けるコツ。

細心の注意を払った壁穴明け

配管を通す穴を開けます。

穴の位置もしっかり測り、クズを床に落とさないように下に受け箱を当てます。

一度空けた穴は元に戻りませんから、細心の注意を払います。

エアコンの能力が落ちないよう、丁寧に配管を調整

エアコンの配管が、曲りで潰れてしまったりしないよう調整します。

実はものすごく複雑で繊細な作業。下手な人がやって配管を潰してしまったりすると、エアコンの能力が落ちてしまいます。

専用機材と職人の腕が光ります。

万が一にも傷つけないよう、二人がかりでの壁掛

エアコンの取付け。

一人でも持てますが、壁を傷つけないためあえての二人がかり!

カバーをかぶせる

最後にカバーをかぶせて。

取付完了

取付け完了。寸分のズレもない完璧な取付けです。

一度購入したら10年以上使うエアコン。しっかり取付けたいですよね。

そんなお客様の気持ちに立って、富士設備商会は細心の注意を払った作業を行っております。