ダイキン匠の店のページへ株式会社富士設備商会トップページへ

 富士設備商会Webサイト内検索はこちらから

ホーム > 施工品質 > エアコン新築プラン例紹介

エアコン新築プラン例紹介

エアコンをまっすぐ、しっかり固定し、穴を完全に密封し、床や壁、天井にキズをつけずに施工することが一般的に良質な施工と言われています。

しかし、富士設備商会ではダイキン匠の店認定店として、他社では行わないような、さらに上の上質な施工を徹底しています。

弊社の工事はその技術はもちろん、お客様の気持ちに立った「思いやりとデザイン性のある施工」で定評を頂いております。ここではその一部をご紹介致します。

デザイン性の重視1

壁埋形エアコンの金属部品の光沢が目立ってしまうことがあるという写真

壁埋形エアコンは本体が見えず、和室にも調和するインテリア性の高いエアコンです。

しかし、外から見たときに金属製の銀色の部分が角度によって吹出口の隙間から見えてしまい、この光が気になってしまうことがあります。

壁埋形エアコンの金属部品の光沢をテープで隠している写真

そこで富士設備商会では、銀色の部分を断熱材テープで黒く補正。

横からも見えないように隅までしっかり補正している写真

横からも見えないように隅までしっかり補正。

補正が完了した写真

完成

外観の写真

遠くから斜めに見ても

近くから見た外観の写真

もちろん近くから見ても銀光が見えず、インテリア性を損ないません。

デザイン性の重視2

壁掛形エアコンの室内配管がむき出しで美観を損ねている写真

せっかくいいエアコンを買ってもこんなに配管が伸びていたらインテリア性が台無し。

配管を表に出さない施工風景

そこで弊社のプランニングは配管をできるだけ出さないプランニングを心がけています。

もちろんエアコンの効率とインテリア性を考え、壁側以外で効果的な場所があれば、クローゼットの裏に配管を通して配管を室内に見せないプランニングも行えます。

(壁や天井に十分な空洞があれば壁や天井の中配管を埋込んで配管を見えなくする隠蔽配管施工もプランニング・施工できます。)

配管を表に出さない施工の完了風景

もちろん富士設備の施工技術でしっかり施工。

配管が見えず、綺麗に取付完了。

デザイン性の重視3

綺麗な家を買った!室内のエアコンも綺麗に取付た!

でも家の玄関や道路に面した場所から配管がでていたら台無しですよね。

家屋の裏側に配管を集中させる施工の写真

富士設備なら家の一番目立たない面から配管を出します。(隠蔽配管を出さない方法もあります)

目立たない場所であっても配管は外面と同色の化粧カバーでしっかり補強!

3Fだって4Fだって足場さえあれば見た目もこの通りです。

以上、数ある富士設備商会の思いやりとインテリア性を重視した施工・プランニングの中から3点程紹介致しました。ここから先はぜひ実際に富士設備商会のプランニングと施工を体験してみてください。

富士設備商会ではお客様の目線に立ち、徹底したプランニング・施工を行っております。お気軽にご相談下さい。